在留ビザのご相談室  大田区の行政書士湯原玲奈法務事務所
Home ご利用案内 Information お問い合せ

就労ビザ
在留資格認定証明書
投資・経営ビザ
人文知識国際業務ビザ

技術ビザ
技能ビザ
   
配偶者ビザ
   
永住・帰化
   
在留資格の更新
   
在留資格の変更
 
在留資格認定証明書交付申請  certificate of eligibility

新たに在留を希望する外国人を日本に呼び寄せる方法
日本に在留する資格に応じて、海外の日本大使館において査証(ビザ)をスムーズに発給してもらうための証明書が「在留資格認定証明書」です。
海外から外国人を呼び寄せる場合には、この証明書を日本で取得し、海外の外国人へ送付した上で、外国人自らが大使館でビザを発給してもらいます。
ただし有効期間は3か月。交付から3カ月以内に、日本に入国しないと無効となります。
在留資格認定証明書交付申請取得までの流れ
新たに日本に在留を希望する場合

必要書類
就労資格のうち、「投資・経営」「人文知識・国際業務」「企業内転勤」「技能」「技術」
などの在留資格に関しては、会社の規模により、申請の際に提出する書類が違います。
上記の在留資格では、申請する会社の規模を表すカテゴリーとして、現在は4種類に分類されており、それぞれのカテゴリーにより提出する書類は異なりますのでご注意を。
以下に掲げた必要書類例はあくまでもほんの一部。
提出する前には必ず、必要書類を確認してください。 
 
概ね共通する提出書類
在留資格認定証明書交付申請書
   
 就職先の会社側が用意する資料
@各カテゴリーに該当することを証明する書類(四季報の写し、法定調書合計表等) 
 本人が用意する資料
  @本人の写真(縦4p×横3p)
  A380円分の切手を貼付した返信用封筒
   
その他、カテゴリーにより提出する必要のある書類
  @申請人の活動を証明する書類 ・・・地位・給与などが記載された雇用契約書など
  A申請人の学歴・職歴等を証明する文書 ・・・履歴書や卒業証明書など
  B事業内容を明らかにするいずれかの資料・・・登記事項証明書や決算書など
   
   
 
 


 在留資格申請や会社設立は私にお任せください。
 離婚相談・国際結婚・会社設立なら大田区の『行政書士湯原玲奈法務事務所』 
 HOME 会社設立 建設業許可 飲食業営業許可 在留VISA相談室 内容証明
離婚準備 離婚コンサルティング 国際結婚 就労資格 在留資格認定証明書

Copyrightc2009-2010 Reina Yuhara All Rights Reserved.